お知らせ

マジカルボディ札幌リニューアルオープンについて

この度6月14日にサロンを増設しリニューアルオープンすることになりました。昨年夏ころから準備を進めていたのですが、ビルオーナーとの交渉や内装工事の問題など、次から次に問題が起きてしまい、予定より2ヶ月も遅れてのオープンになってしまいました。

新しいサロンに関する情報は、サイトやSNSで情報発信をしていますので、詳しい情報を知りたい方は是非ご覧になってください。

札幌骨盤矯正サロンマジカルボディ札幌webサイト

 

 

サロンリニューアルの目的

どうして、こんな大変な時期にオープンするの?緊急事態宣言中なのに本当に大丈夫なの?いろんな人に同じことを聞かれましたが、自分なりの理由があります。

今、ニュースは悪い話ばかりです。本来であれば盛り上がるはずのオリンピックも決して盛り上がってる状態とは言えません。多くの人がが不安やストレスを抱えながら生活をしていると思います。

一部今の状況が追い風になってる企業もあるようですが、廃業や閉店、解雇や収入の減少など、先行きが見えず困ってる人もたくさんいるはずです。

能力あるのに仕事がない。やる気はあるのにチャンスがない。やりたいことがあるのに突破口が見つからない。なんとなく諦めモードで仕事をしている人もたくさん見てきました。

こんな時代だからこそ、僕たち起業家は率先して動かなければいけないと思っています。

一人一人の能力を最大限に生かし、今まで以上にお客様に喜ばれる店舗を作ることで、少しでも地域社会の貢献につながると信じて、リニューアルを決断しました。これがサロンリニューアルの1番の目的です。

 

もう一つ個人的な理由があります。

ご存知の方も多いと思いますが、マジカルボディ札幌は、旧ファミリア整骨院の佐々木憲司が責任者として運営しています。

諸事情があり、ファミリア整骨院は2018年10月で閉店。その後、店名を変え、新しい場所でサロンをオープンすることになったわけですが、店舗が新しくなったとはいえ、閉店したショックや不安はしばらく続いたと思います。

過去を振り返っても何も良い頃はありません。大事なことは前を向くことです。

僕はこのように話しました。「軌道に乗ったら人を増やして店を大きくしよう」「今は余計なことを考えず、顧客に喜ばれることだけを考えよう」

軌道に乗ったら人を増やし店舗を大きくする。そして、ファミリア整骨院以上の店舗を作る。佐々木への約束でもありますが、自分への約束でもあります。起業家、経営者としての意地でもあります。

 

そもそも同じ価値観を持つスタッフはいるのか?という疑問

専門店を作り成功させるためには、同じ価値を提供できる人材が必要です。技術や知識はもちろんですが、そもそも人はいるのか?という大きな疑問がありました。

昨年夏頃、佐々木にストレートに聞いてみました。「佐々木さんの技術を学びながら一緒に仕事をしたいという人はいるの?」「本気で技術を身につけたい人はいるの?」

従業員はいるのか?という意味ではなく、佐々木のことを信頼してついてくる人はいるのか?という意味でこう質問しました。

ついてくる人がいるのであれば、それを証明して欲しい。ここからが技術研修のスタートでした。

 

 

売上や利益のことよりも心配だったこと

月に1回程度かと思っていた、技術研修は週に1回のペースで8ヶ月行われていました。

技術練習だけではなく、SNSでの情報発信、サービス業としてできること、一人一人が持つオリジナル性のあるメニュー作りなど、

佐々木一人が考えるのではなく、みんなで知恵を出し合って前向きに準備をすすめている様子を見て、「コロナだろうが、緊急事態宣言であろうが、もうオープンする選択しかない」

本当の意味でリニューアルを決断したのは今年の1月だったのです。

正しいことに人がついてくるわけではない。能力のある人に人がついてくるわけじゃない。人柄だけでもない。

佐々木を信頼してスタッフがついてくるのかどうか。売上や利益のことよりも、信頼関係の方が気になっていたのですが、技術研修を通じて、その心配はないことがよくわかりました。

 

いろんな人の力をお借りして

リニューアル準備はもちろん僕一人ではできないこと。サロンメンバーだけでもできないことばかりでした。いろんな人の力をお借りして、オープンに辿り着くことができました。本当にありがとうございました。

内装工事:アートピエール武蔵様

急な依頼だったにもかかわらず、オープンに間に合わせて工事を進めてくれました。この1ヶ月はほとんど休んでないかもしれません。こちらのわがままも聞いていただきながらの短期間工事だったので本当に大変だったと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

サロンブラッシュアップ研修:株式会社グラウディア小園あずさ様

恵比寿でエステサロンと鍼灸院を経営する株式会社グラウディアの小園代表がGW中にもかかわらず駆けつけてくれました。技術だけではなく、取扱商品の選び方、活用方法など、より効果を実感してもらうためのアドバイスなどサロン実務的なことを総合的にアドバイスしていただきました。
痩身エステグラウディア公式サイト

 

サイト用モデル:BODY LALA 森脇明子様

美容鍼やはりきゅうアロマなどが人気の恵庭鍼灸院BODYLALAの森脇さんに、webサイト用の撮影モデルをお願いしました。BODYLALAは弊社で管理運営しているサロンですが、全業務を森脇さんに業務委託しています。快く引き受けてくれて感謝感謝です!
BODLLALA公式サイト

 

コピライター:三上智子さん

ホームページの文章はコピーラーターの三上さんにお願いしました。難しい説明もシンプルにまとめていただき、本当に助かりました。いろいろお手伝いしていただいたのですが、一番嬉しかったことは、サロンのキャッチフレーズが決まったことです。
たった1行のことなのですが、全部をひとまとめにした一言って本当に難しい。いろいろご提案していただきありがとうございました。

 

 

事務所メンバーも頑張ってくれた!

サイト制作:土居喜博

いつも事務所でコツコツwebサイトを作ってくれる土居さん。クライアントのサイトも含め、web関連の仕事は、ほぼ土居さんが一人でやってくれてます。

 

 

印刷物制作:若森裕子

印刷物の制作は若森が担当。チラシ、パンフ、チケット、名刺など、全て若森が対応。印刷物は誤字脱字などのミスが許されない仕事なので、作ることよりもチェックの方が大変で、とても神経を使う仕事です。

 

 

事務管理:山田敬子

事務的なことは山田が担当しています。僕が事務作業をやっていたら、うちの会社は何も進まないでしょうね。全部やってくれるので本当に助かってます。事務的な業務を整理したらイベントを強化したいと言ってるので、今後はどんどん外にでも出てもらう予定です。

 

写真動画:株式会社 フォーワン・フォトデザイン 増田志保

増田志保が代表の株式会社フォーワン・フォトデザイン。撮影部門を分けるために昨年作った関連会社です。デザインやプロモーションは写真や映像が絶対に必要です。特にサロン経営はビジュアルがとても重要。笑顔や個性を引き出し、楽しく撮影して場の雰囲気を明るくしてくれます。
フォーワン・フォトデザイン公式サイト

 

『こころまで、明るく、軽く』

 

リニューアルオープンの話が出た時、一番初めに考えたことはロゴマークでした。

本当の意味でのブランドを目指すためには、どんなシンボルマークがベストか?

どんな形だとインパクトがあり記憶に残るのか?

いろいろ考えた結果、鳥をモチーフとしたデザインに決定しました。

このマークを見ただけで、明るい気持ちになってもらえる、サロンを目指していきます。

 

マジカルボディ札幌

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

城岡崇宏

ビジネス全体の仕組み作りやブログやSNSを活用した集客やブランディングのご提案やアドバイスを行なってます。

-お知らせ

Copyright© 経営ビジネスマーケティング情報発信ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.