リピート集客経営 日記

やる気のない社員はどうする?どんな人が豊さや幸せになるか考えばわかること。

やる気のない社員はどうする?

報告がない。協調性がない。挨拶ができない。いやいや仕事をしている。仕事はやりっぱなし。いつもだらだら。人の問題は、よくある経営相談の1つかな。

人材育成系のコンサルを受けたところで、その取り組み自体を馬鹿にしている社員も多く、残念ながらそう簡単には人を変えることはできません。

採用基準や業務の仕組みに問題があるケースもあるのですが、そうではなく人間としての質の問題も正直あると思います。どうしようもないです。笑

城岡さんは、こういう悩みないですか?と聞かれることもあります。もちろん僕も人を雇う立場として、いろいろ経験はあります。

でも、自分が人を変えるなんてことは一切考えていませんし、そんなことは自分にはできません。

頑張った人には頑張ったなりのリターンがあり、手を抜けば手を抜いたなりのリターンがある。収入だけではなく、信頼関係、信用、チャンスなど、豊かさを手にするもしないも自分次第と思っているので。

ストレートに言うと、頭が悪いのです。本人はできる人と思ってることが多いですが。笑

 

会社・仕事・お客様を大切にしているか。

今与えられてる仕事を大切に思えるか。その気持ちがとても重要と思っています。

お客様がいるから売上が上がり、会社があるから仕事をいただくことができる。そして、その中で必ず自分の役割がある。

お客様への対応が悪かったり、いい加減な仕事をするということは、結局自分の役割を放棄しているということ。

会社・仕事・お客様を大切にしていないということになり、それは自分自身の人生を大切にしていないことを意味します。

 

こんなに頑張ったのに評価されないという愚痴

「来年、フルマラソンにチャレンジするので、毎日トレーニングすることになりました!」もしこのような話を聞いたら、「おお!それはすごい頑張って!」となります。

もし仮に、完走できなかったとしても、「頑張ったね!また来年に向けて頑張って!」と声をかけると思います。

でもその挑戦を知らずに「フルマラソンにチャレンジしたけど、完走できませんでした。」と突然言われたら?

「へぇぇそうなんだ。すごいねフルマラソン!」くらいしか言えないかもしれない。

何に挑戦しているかもわからず評価などできない。もっとシンプルにいうなら、コミュニケーションなしに評価はされないということです。

 

結局は、人や仕事を大切にできるかどうか。

多分ですが、一般的にダメ社員と言われてる人が、この記事を読んでも「ふん、何を言ってんだか...」くらいにしか思わないでしょう。

自分を高く評価し、自分がいないとこの仕事は進まないと思い込み、自分がいないと周囲が困ると思っている。そういう勘違い社員もいるかもしれません。

でも、もし自分に該当すると思ったら、人や仕事を大切にできているか、ちょっと考えてみてください。そこに気づくか気づかないかは、人生を大きく左右すると思います。

 

で、結局どうすればいいの?

あれこれ書きましたが、結局答えはこれです。

やる気のない社員は放っておけ。

どの会社にも少なからず該当する人はいると思います。そういう人に足を引っ張られないためには、放っておくのが一番です。

会議やミーティングにも呼ばれない。新しい事業にも参加できない。一緒に喜び合うこともない。そういう人生を望んでるのであれば、そうすればいいのです。

 

前向きな人とだけ仕事をすればいい

毎日、いろんな人からメールがきます。新しい仕事の話など、前向きな話題が多いです。そこにはやる気のない人の話題は1つもありません。名前すら出てこないのです。

人が人を変えることはできない。変えよう理解してもらおうと思うこと自体が時間の無駄。変わらない人に時間を使うのではなく、発展的な仕事ができる人とお付き合いし、そこに集中することだと思います。

そうすることで、前向きに努力した人には豊かさや幸せというリターンが返ってきます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

城岡崇宏

ビジネス全体の仕組み作りやブログやSNSを活用した集客やブランディングのご提案やアドバイスを行なってます。

-リピート集客経営, 日記

Copyright© 経営ビジネスマーケティング情報発信ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.