写真を撮るときにこだわるポイントがいくつかあります。テーマ、被写体、構図、光、色。この5つを考えながら風景写真を撮影するわけですが、どれか1つが重要なのではなく全体のバランスが重要と考えます。

好みの話になるので、共感できない方もいると思いますが、極端に彩度をあげたり露出を上げたりと、やりすぎると自然本来の魅力が弱くなります。Photoshopなどで加工すれば、いくらでもインパクトのある作品を作ることは可能ですが、僕はできる限りそのときの空気や色をありのままに表現したいと思っています。

こちらは3月初旬の支笏湖です。道路はもう雪が溶けていましたが、湖周辺はこの通りまだまだ雪が残っていました。「あと5分で暗くなる」ギリギリの撮影でした。

DK3A9061

カテゴリー: 北海道の写真

関連記事

北海道の写真

高画質だけでは人の心は動かない.1年に一度はバスに乗って..

1年に一度はバスに乗って旅をする 毎年秋になると北海道撮影ツアーのお知 続きを読む …

北海道の写真

「色」によって反応が変わるのは事実のようです。

最近はカラーマネージメントや色彩心理などを勉強しています。特に、色の出 続きを読む …

北海道の写真

高額で写真が売れる人と売れない人の決定的な違いとは?

1年間ありがとうございました! 2016年、皆さんはどんな一年でしたで 続きを読む …