1年間ありがとうございました!

2016年、皆さんはどんな一年でしたでしょうか。僕は仕事も趣味も全力でやりきった一年になりました。もちろん反省すべき点は数多くあるのですが、しっかり反省し同じことを繰り返さない対策ができたら、あとは忘れるようにしています。

良いこと悪いこともいろいろありましたが、もうそれは過去の話。新しい一年を迎えるにあたり、気持ちをクリアにして、新しい目標に向かって行動いたします^^

今日は一年の最後ということで、普段描かない写真のお話をさせていただきます。

私がSNSで風景写真の投稿を始めたのは今から3年前、2013年からです。気分転換に参加した北海道撮影バスツアーがきっかけに、休日はカメラを持って出かけることが多くなったのです。

プロが使うような機材は持ってませんが、趣味なら十分綺麗に撮影することができます。仕事の疲れを発散したり、よい発想がでてこないときの気分転換だったり、自分のためにはじめたのが北海道の風景写真撮影でした。

でも、本当に趣味目的だけの写真であるなら、わざわざSNSで発信する必要はありません。自分が好きな写真をプリントして、自宅や事務所に飾っておけばいいわけですからね。笑

要するに、見せたい、知ってもらいたい、覚えてもらいたい、感動してもらいたい。魅せることの喜びのためにやってたんだなぁって気づいたのが、一年前くらいだったのです。

 

高額で写真が売れる人と売れない人の決定的な違いとは?

今までに、このサイトやFacebookを見て、7,8件の問い合わせが来ています。自分でもびっくりしたのですが、写真を売って欲しいという方もいたんです。笑

すごく嬉しいことなのですが、私にできることは限られています。そもそも写真家ではないし、プリント写真とデジタル写真は別物。結局誤解を招くことになるので、「撮影依頼」という項目をすべてのサイトから消すことにしました。

写真を売って欲しいと人に直接お話を伺ったのですが、その金額にびっくり。もちろん、僕の写真を高額で買ってくれるという話ではないのですが、写真ってそんなに高いの?ってびっくりしたのです。

もともとは趣味だった写真撮影も、ビジネスっぽい話になってくると話は変わってきます。笑

どんな写真が高く売れるのか?カメラマンではなく、写真家として売れるためには何をやれば良いのか?徹底的に調べた一年でもありました。

 

こんな単純なことだったのです。

一つ言えることは、綺麗な写真が売れるわけではないということです。綺麗に取る最低限の技術は写真家としては、当たり前のことで、そこではないようです。

被写体が重要なのか?構図なのか?それとも現像やレタッチの技術なのだろうか?いろいろ調べましたが、どうも写真の世界はそこではないようなのです。

高値で売れる写真家と売れない写真家の違いは明確です。高く売る気があるかどうか。自分は写真を販売している人ですと言えるかどうか。こんな単純なことだったのです。

要するに、ターゲットを決めて買いたくなるように魅せるということ。マーケティングなのです。

そして技術的なこともいろいろ勉強してきましたが、そもそも写真に対する考え方も人によって違うことがわかりました。

一発勝負でその瞬間を記録するのがプロの写真家という人もいるし、撮影後により魅力的に現像するのがプロであるという人もいます。

どっちが正しいの?と考えても答えはありません。その写真を見て感動した人がお金を払うというだけの話です。

 

2016年、今年もたくさんの写真を撮影しましたが、これらの写真は1円にもなりません。なぜ1円にもならいかというと、僕自身が写真なんかお金にならないと思い込んでいて、写真を販売してると伝えていないからです。笑

金儲けがどうのこうのじゃなくて、なんか面白くなってきそうな予感がする1年でした。来年は現像やプリント技術も勉強しようと思っています^^!

そして、マーケティングで「写真」が売れるのであれば、再来年あたりにはチャレンジしてみようかなと、そんなことも考えています。

最後に今年撮影した写真を12枚アップしましたので、お時間がある方はぜひご覧になってください。

ということで、来年もよろしくお願いいたします!よいお年をお迎えください。

 

dk3a4044

dk3a0195

dk3a0355

dk3a0338-2

dk3a0443

dk3a0603-2

dk3a0318-3

dk3a3787

dk3a0166

q9

q8

dk3a8702

 

カテゴリー: 北海道の写真

関連記事

北海道の写真

高画質だけでは人の心は動かない.1年に一度はバスに乗って..

1年に一度はバスに乗って旅をする 毎年秋になると北海道撮影ツアーのお知 続きを読む …

北海道の写真

「色」によって反応が変わるのは事実のようです。

最近はカラーマネージメントや色彩心理などを勉強しています。特に、色の出 続きを読む …

北海道の写真

くもりは美しい?

  くもりは美しい? 曇りや雨だって,その中に美しさはある 続きを読む …