行く先はどこでもいい。

この日は雨がすごくて撮影は諦めていました。でも、雨上がりの光はとても嫌いだから、もしかたらと思い、カメラをもって車を走らせました。

特にあてはありません。かっこつけて言ってるわけではなく、雲のと太陽の動きを見ながら動くのです。

空を撮るのが好きなので、場所はどこでもいいのです。いく場所に感動するのではなく、その瞬間の空に感動するわけですから。

 

DK3A9100